<お詫び>

7月4日の公開討論会 延期のお知らせ

―調査官出席拒否により―

 

 『新しい歴史教科書』の代表執筆者藤岡信勝氏らは、5月25日に文部科学省の検定調査官4名に対し、令和元年度の教科書検定での検定意見に関して公開討論会の申込を行っておりました。その回答が6月11日に文部科学大臣より届き、6月末より再申請による検定がスタートするため、その場に調査官が出席するのは適切でないとの理由から出席を拒否されました。

 文科省としては、検定期間中に教科書の記述内容に関連する議論が公然と行われることが制度上望ましくない、との趣旨によるものです。

しかしこの回答自体がおかしな話で、令和元年度の検定に関する情報はすでに各社に付けられた検定意見、修正表など全て文部科学省自身により公開されております。よってこの公開されている情報に限って言えば、どこで誰がどのような議論しようと、また意見を言おうと何ら再申請による教科書検定との間には制度上の問題は生じません。

この文科省の根本的な矛盾はさておき、文科省側が検定中との理由により出席を拒否した以上、検定が終われば、拒否する理由は見当たりません。よって私どもは今回の再申請による検定が終了次第、改めて公開討論を求めることといたします。

7月4日を楽しみにご予約されていた皆様には大変申し訳ございません。秋以降となりますが、討論会が決まりましたら再度ご案内申し上げます。

なお6月25日には<文科省「不正検定!」糾弾集会>が開催されます。

ぜひこちらにご参加ください。→詳細はこちらをクリック

​こちらは、延期となりました。

文科省教科書調査官との「公開討論会」企画

 ―不正検定の根絶に繋がる世紀の論争部隊を設定―

 ぜひご参加ください!

 

  『新しい歴史教科書』の代表執筆者・藤岡信勝氏らは、この度、令和元年度検定において『新しい歴史教科書』の検定を担当した4名の教科書調査官(村瀬信一、橋本資久、中前吾郎、鈴木楠緒子の各氏)に対し、公開討論会を申し入れることといたしました。

 自由社は昨年、175項目について反論書を提出しましたが、その全てに「否」の判断を下したのが上記の検定意見作成者の4名です。自由社と執筆者はこの理由に全く納得できず、公の場において討論を行うことが必要と判断いたしました。

 4名の調査官には、自らの信念に基づき、堂々と公の場において論陣を張っていただきたく期待しております。

 また、皆様におかれましては、ぜひともこの世紀の大論争にご参集いただき、両者の言い分についてジャッジしてください。どうぞよろしくお願いいたします。

 

<自由社側参加予定者> 藤岡信勝 加瀬英明 皿木喜久 ほか調整中

<文科省側予定者> 村瀬信一 橋本資久 中前吾郎 鈴木楠緒子 の各氏 *申し入れ中

 

【日時】 令和2年7月4日(土)14時開会(13時半開場)

【場所】 星陵会館大ホール 東京都千代田区永田町2-16-2

【参加費】 1000円(当日のお支払いとなります)

 

【要予約】新型コロナウイルス感染拡大防止のため、参加上限数を100名とさせていただきますが、6月上旬ころの状況を踏まえ、参加上限数が変更となる可能性がございますことを予めご了承ください。

なお当日は動画の「生配信」も予定しております。

【申込方法】先着100名様

<文科省「不正検定」を正す会>宛に、必要事項(①参加者氏名、②住所、③電話番号)をご記入の上、FAX03-6912-0048、またはメールfuseikenteiwotadasukai@gmail.comにてお申込みください。

​下記の申し込みフォームからでも、送信できます。

<主催>文科省「不正検定」を正す会 (電話)03-6912-0047

 

*新型コロナウイルス感染拡大防止のため、参加者全員のマスク着用をお願いいたします。また当日、熱があるなど体調がすぐれない方につきましては参加をご遠慮ください。

新型コロナウイルスの影響により、

延期となりました。

文科省「不正検定」を正す会 代表:加瀬英明

〒112-0005 東京都文京区水道2-6-3-2F

TEL:03-6912-0047 FAX:03-6912-0048

fuseikenteiwotadasukai@gmail.com

  • Facebookの社会的なアイコン
  • Twitterの社会のアイコン
新しい歴史教科書をつくる会 HP